四季の味「沙羅」

今日友人と予約しないと戴けないランチを戴きに行ってきました。とても美しい落ち着いた風合いの器に此又盛りつけの綺麗なことと言ったら「うわー綺麗やネェ~」と思わず・・o(*^▽^*)o ♪お味もとても美味しくコース全て画像でお見せできたらと思いカメラに撮りましたところ「お客様当店は撮影禁止となっております」と注意を受け残念ながら「温石」此しか撮れませんでした

お店入り口です
c0047042_219121.jpg

c0047042_21103839.jpg

「温石」です・・・
c0047042_21105640.jpg


「温石とは・・・」
懐石には。空腹を一時しのぐという意味があります。それは昔、修行中の禅僧が石を暖めて布に包み懐に入れて空腹をしのいだことが起こりです。この暖めた石を「温石」と言います。この石を懐に抱いたことから懐石の名前がでました。禅の影響を受けた茶の湯では、この温石を「腹を温める程度の空腹しのぎ」と云う意味で茶事に出す軽食を懐石と呼ぶようになりました。鮭や濃茶は空腹時に飲むと不味であり胃にも刺激が強すぎるため、それらを飲む前にこの懐石が出されるようになりました。 当店ではこれに基づいてお酒やお料理を召し上がって頂く前にお出ししております 四季の味「沙羅」としおりに書いてありました。
[PR]
by hide58.5 | 2005-10-05 21:26
<< 手作り絵本 秋雨と芙蓉 >>